○甲賀広域行政組合一般職非常勤職員設置要綱

平成15年3月31日

(目的)

第1条 この要綱は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第17条及び甲賀広域行政組合職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成6年甲賀郡行政事務組合条例第4号)第19条の規定により、一般職非常勤職員の設置、勤務条件その他必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 甲賀広域行政組合の業務について円滑な運営を期するため、一般職非常勤職員を置く。

(任免手続)

第3条 一般職非常勤職員の任免手続は、辞令によるものとする。

(任用期間)

第4条 一般職非常勤職員の任用期間は、1年の範囲内で管理者が定める期間とする。

2 任用期間は、勤務実績等を考慮して、引き続き任用する必要があると認めるときは、1年の範囲内の期間を単位として更新することができるが、3年を超えて任用することはできないものとする。

3 前項の規定にかかわらず、更新しようとする年の3月31日に満65歳に達している一般職非常勤職員については、更新することができない。

(職の設置)

第5条 一般職非常勤職員の職は、次のとおりとする。

(1) 一般事務職員

(2) 衛生センター技術職員

(休日及び勤務時間)

第6条 一般職非常勤職員の休日は、日曜日、土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び12月29日から1月3日まで(1月1日を除く。)とする。

2 一般職非常勤職員の勤務時間は、常勤職員の勤務時間内で管理者が定める。

3 1日の勤務時間が、6時間を超える場合においては45分、8時間を超える場合においては1時間の休憩時間を、それぞれ勤務時間の途中におく。

4 第1項及び第2項の規定にかかわらず、公務の運営上の事情により特別の形態によって勤務する必要のある一般職非常勤職員については、別に休日及び勤務時間の割り振りを行うことができる。

5 休日勤務の場合は、代休をもって処理する。

(有給休暇)

第7条 一般職非常勤職員の有給休暇は、次に掲げるものとする。

(1) 年次休暇 常勤職員に準ずる。

(2) 病気休暇 常勤職員に準ずる。ただし、病気休暇の開始の日から起算して90日を限度とする。

(3) 特別休暇 常勤職員に準ずる。

(勤務の記録)

第8条 主管課長は、出勤簿等により一般職非常勤職員の勤務実績についての記録をしておかなければならない。

(社会保険、労働保険)

第9条 一般職非常勤職員は、健康保険、厚生年金保険及び失業保険に加入する。

(福利厚生)

第10条 健康診断を、常勤職員に準じ実施する。

(災害補償)

第11条 一般職非常勤職員の公務上の災害又は通勤による災害については、地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)、労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)又は甲賀広域行政組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(昭和48年甲賀郡行政事務組合条例第21号)の規定により補償するものとする。

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。ただし、第4条第3項の規定については、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年2月7日)

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成25年1月22日)

(施行期日)

1 この要綱は、平成25年1月22日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際現に任用されている一般職非常勤職員については、なお従前の例による。

附 則(平成28年1月1日)

この要綱は、平成28年1月1日から施行する。

甲賀広域行政組合一般職非常勤職員設置要綱

平成15年3月31日 種別なし

(平成28年1月1日施行)